千葉南房総地区

1万キロ現地調査第17回 同行

特定失踪者問題調査会の1万キロ現地調査に支援者として予備役ブルーリボンの会が同行。
(1)現地調査により個々の事件及び北朝鮮による拉致・工作活動への認識を深める。
(2)広報啓発活動を通し今後の工作活動を抑止する。
(3)現地で特定失踪者家族から北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」のメッセージを収録する。


活動記録へ戻る

行動記録

■2013年9月15日0900時 千葉県御宿町「いしい荘」前集合
当日の資料PDF 第17回 1万キロ現地調査

【千葉県御宿 いしい荘前】
いしい荘
昭和53年12月15日夜、後に特定失踪者となる鵜沢幹雄さんの会社が忘年会を行った民宿。そのまま宿泊予定だった鵜沢幹雄さんが行方不明となった宿(その時の建物とは別)。


後日、その堤防近くで夜釣りをしていた人が「旅館の方から一人でふらふらとあるいてくる人がいて、反対から別な人が近寄っていったので知り合いかと思った。気が付いたら二人ともいなかった。」と証言している。



【千葉県勝浦 鵜原海岸】

北朝鮮に関係する都内のN病院「うばら海の家」が存在した場所。


夜になれば誰もいなくなり海岸線が広がる。朝鮮関係者の建物がある場所は共通点が多い。



【千葉県鴨川市 江見吉浦】

N病院「K実験農園」の建物前のコンビニ駐車場で説明を受けるこの日の参加者。
今でも近所の住人は深夜この付近に近づくのは「怖い」らしい。何が「怖い」のかという質問には無言であったという。


建物の下には海岸線が広がる。やはり人気の少なく夜にもなれば誰にも見られることはない。


建物真下の防波堤には階段があり建物まで登っていける。
どういう経緯で作られたものかわからないが、拉致を行うとすれば至れり尽せりの環境。



【千葉県館山市 平砂浦 反物事案】

「奥さん、反物の良い物が安く展示してあるので、見に来ませんか?」
または、「自分たちの勤めていた呉服店が倒産して現物支給として反物を貰った・・・その反物を買ってくれないか?
反物は車に積んであるので、乗って見てほしい」などと声をかけ連れ去ろうとする。


横田めぐみさんのお母さんの横田早紀江さんも横田めぐみさん失踪後このやり方で声をかけられている。


車まで行ってしまえば簡単に押し込まれ走り去ってしまう。 実際に連れ去られてしまった人もいるだろう。




【千葉県館山市 平砂浦 拉致手口】

海岸線を歩いていると、「すいませ〜ん。海をバックに写真を撮ってもらえますか?」などと
声をかけられる。


「撮りますよ。いいですか。」などと言っている後ろから工作員が迫っていることなど誰が
想像しているだろうか。


声をあげるヒマもなく簡単に倒される。首を絞められてしまうので声をあげている間はない。


さらに別な人間が現れ、さるぐつわを噛ませ手足を拘束し袋を頭からかぶせる。この間わずか数十秒。


上半身に袋をかぶせられ何も抵抗できない姿にされてしまう。何もしゃべれず、見えず、イモ虫のようにしか
動けないのだ。


屈強な工作員はその程度の抵抗をものともせず目標を運ぶ。



【千葉県館山市 平砂浦 上陸】
  
小型船で日本の海岸に近づいた工作員はゴムボート(右)や水中スクーター(左)で上陸する。
上の写真は海上保安庁 横浜館に展示されている実物。


万が一に備え先に一人が岸に近づき上陸する。


辺りの様子を伺う工作員


問題がなければもう一人と一緒に上陸。


事前に日本側からの情報提供等がなければ海中の隠れ根を避け安全に上陸し秘密裏に行動するのは難しい。


現地の案内のもう一人が埋設する穴を掘って準備をしている。上陸後、素早く水中スクーターを隠す。


映画やドラマのように時間をかけてわけではない。わずか数分の出来事。


こうなってしまえば水中スクーターやボートが埋められていても誰にもわからない。